Skip to main content

Canon
EOS 5Ds R

Slider

 

フルサイズ約5060万画素

キヤノン半導体テクノロジーが可能にした、約5060万画素の解像力。

 

写真:35mmフルサイズ約5060万画素CMOSセンサー

デジタル一眼レフカメラに望みうる最高峰の解像性能を目指すEOS 5Ds R。そのため、新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しました。自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術を駆使。高画素化と高S/N比、広ダイナミックレンジをバランスさせ、有効約5060万画素の高解像力、ISO 100~6400(拡張時L:50、H:12800相当)の感度域、豊かな階調を実現しています。さらに、偽色・モアレを軽減するローパスフィルターにも解像性能を重視したチューニングを施し、あらゆる被写体への対応力と鮮鋭な画像を両立させました。

 

 

[高ISO感度・低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現させる技術]

 

●新微細化プロセス

光電変換効率アップを図るため、CMOS半導体工程に最新の微細化プロセスを導入。フォトダイオードの開口率を高めた結果、多画素化による画素サイズ縮小にもかかわらず低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現。

●高効率フォトダイオード構造

光電変換効率に優れるフォトダイオード構造の採用により感度が向上。同時に画素内トランジスタも改良することで高S/N比を達成。

●ギャップレスマイクロレンズ

集光効率に優れるギャップレスマイクロレンズを採用。さらにマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短く設計することでも集光効率を向上させ、高ISO感度・低ノイズを実現。

●高画質・CMOS回路

広ダイナミックレンジと高S/N比を両立する低ノイズ読み出し回路の採用により、高ISO感度においても低ノイズを実現。

●高速読み出し

有効約5060万画素の画像信号を16チャンネルで読み出すことにより、連続撮影速度の向上と良好なレスポンスを獲得。

 

 

ローパスフィルター効果をキャンセルした、高解像バージョン。

 

あらゆる被写体への対応を考えるとき、ローパスフィルターは、いわば重要な“保安部品”といえます。その効果をキャンセルし、ローパスフィルターレスと同様の状態にしたのがEOS 5DsRです。画質を評価するさまざまな要素に対して、解像力を重視する撮影者や被写体に特化。有効約5060万画素の解像性能を最大限に引き出し、EOS 5Dsを超えた高精細な描写、ヌケのよい中間調、立体感や空気感のリアルな表現を可能にします。

図:ローパスフィルター断面図とローパスフィルターキャンセルの概念図

※Canon公式ウェブサイトより一部抜粋引用
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dsr/index.html

 

ライトベース使用機材 機材 Canon EOS 5Ds R